スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

④ 名機! ファミコンとの出会い

33歳、ゲーム大好き2児の父です。
上の子供が3歳になりました。
トイレでうんちができるように、何かと奮闘中であります。


さて、アナログっぽいゲームを通過しながら、気付けば私は小学3年生になっていました。

ある日、近所のガキの家に遊びに行くと、テレビの中で何かが跳ねていました。

…ヒゲ面の赤いおっさん!?

そう、キャラクター認識度NO.1のマリオです。

ちなみに、そいつの家は上がるのが禁止されていまして。
皆で玄関に寝そべって、室内のテレビを覗き込んでいました。
今考えると、かなり奇妙な光景です。
しかし、どうしても見たいという魅力があったのでしょう。

それから間もなく、凄まじい勢いでファミコンは浸透していきました。
ついに、任天堂の知名度は花札から逸脱したのです!

ひとり、またひとり、名機を獲得する学校のステューデンツ。
ファミコンは、まるで、仲間はずれを作り出す魔法の神器のよう
取り残された数名の命を容赦なく蝕み続けます。

焦ること数ヵ月、いきなり転機が訪れました。
私はここに、神の存在を確信したのです。


次回は、『 蔵!? 否!! パンドラボックス!! 』をお送りします。


【 追 伸 】
情報が氾濫する中、必要最小限のお買い物サイトができました。
気が向きましたら コチラ へどうぞ。 あ、無理されなくても良いですよ。

スポンサーサイト

テーマ : 子育て・育児
ジャンル : ライフ

③ ファミコンの、その前に

33歳、ゲーム大好き2児の父です。
気付けば誕生日を過ぎていたので今回から33歳です。

その昔、ファミコンが全盛期を迎える前にも様々な家庭用ゲーム機がありました。
その中で私が遭遇したのは、たぶんカセットビジョンか何か。
操作性が異様なほど悪く、腱鞘炎になりそうな勢いだったのを覚えています。

しかし、今思えば、テレビに デジタル画像が映っていて、それを操作できる
ことだけが、革新的で快感だったのかもしれません。

ちなみに、それを持っていた友人は、親を継いで理髪店を経営しているはずです。

余談ですが、セガマークIIIでイースが出ていたことに驚きました。
・・・って、さらに調べたら、セガマークIIIはファミコンよりも後に発売されてたんですね。

今回は手短ですみませんでした。
次回は 『 ④ 名機!ファミコンとの出会い 』 をお送りします。

テーマ : 日記
ジャンル : ライフ

株式会社K.E.G
ブロモーション
サンプル・イベント・モニターならBloMotion
最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。